アフターピルはいつまでに飲む?

アフターピルってご存知ですか?なんと、性行為後でも妊娠を防ぐことができるんです。避妊に失敗してもどうしよう!やばい!とアタフタする必要もありません。ドーンと構えていられます。当サイトではその便利なアフターピルについて詳しくご紹介いたします。

保険適用の溶解性のアフターピルとは

ピルと言えば女性ホルモンの量が少ない低用量ピルが主流となっていますが、低用量ピルは毎日服用することで避妊効果を得られるのに対し、溶解性の高いアフターピルは、性交渉後に緊急的に妊娠を防ぐピルという違いがあります。
避妊といえば、コンドームがありますが、男性の協力が必要になります。一方女性が自分で避妊できる低用量ピルは、正しく服用すれば確実に避妊できる方法です。
ピルには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが含まれていて、服用することで、体内のホルモンバランスを調整し、体が妊娠しているのと同じ状態を作り出します。そのため、排卵を抑制したり、精子の着床を防いだ利、子宮頚の入り口の酸度を調整して、精子が入り込みにくくして妊娠を防ぎます。

避妊薬として認知されているピルですが、日本ではまだ避妊薬として使用している人は少なく、月経困難症や子宮内膜症などの治療薬として使用されています。
毎月のつらい月経痛で悩んでいる人は、低用量ピルを服用することで、月経の周期が規則正しくなり、子宮内膜も厚くなる前に月経が起こるので、痛みが緩和されます。
また排卵日前後におこるイライラや頭痛などの月経前症候群の症状も、ピルを服用することで軽減することができます。

低用量ピルは、薬局に行っても医師の処方箋がないと購入することはできません。そのため婦人科を受診する必要があります。また低用量ピルを避妊薬として使用する場合には、自由診療となりますが、月経困難症などの診断がつけば保険適用で処方できる低用量ピルもあります。
初めてピルを服用する場合には、医師の診察を受けた方が安心ですが、一度使ったことがある人や病院を受診する時間がない場合には、インターネットなどでも購入することができるので、一度検索してみてはいかがでしょうか。