アフターピルはいつまでに飲む?

アフターピルってご存知ですか?なんと、性行為後でも妊娠を防ぐことができるんです。避妊に失敗してもどうしよう!やばい!とアタフタする必要もありません。ドーンと構えていられます。当サイトではその便利なアフターピルについて詳しくご紹介いたします。

アフターピルと膣外と無について

アフターピルは、万が一に、避妊に失敗した時に使う、緊急用の薬であり、その名前の通り、性交渉の後に、万が一に妊娠してしまった可能性があると思われる時に使用がされるピルであります。

このアフターピルは、女性が服用することで、アフターピルに含まれているホルモンバランスを調整などをする作用により、受精をしてしまった場合、例えば男性が通常であれば性交渉の際に、妊娠を望んでいない場合には、コンドームなどを使って、膣内ではなく、膣外などのコンドームの中に精子を入れる形になりますが、これが失敗してしまった場合には、受精卵が出来てしまい、女性の体に着床してしまうケースがあります。

この可能性は、避妊などを行っていても、必ず全く無ということはなく、例えばコンドームが破れてしまった場合など、やむを得ない状況などから、着床が起きてしまうケースも多々あります。

そのため、妊娠を望んでいないご夫婦やカップルの場合には、この着床を止めるために、アフターピルを飲むことが必要となってくるのですが、これは女性がピルを飲むため、女性の体には、かなりの負担がかかる場合があります。

アフターピルは性行為後、24時間以内、可能な限り速やかに2錠を飲むことが大事であり、その12時間後、さらに2錠を服用することで効果が出ると言われています。
つまり、時間が早ければ早いほど、妊娠を防ぐことが出来る薬であり、同時に時間が経過してしまえばしまうほど、妊娠の確率がぐっとあがってしまうことも否めません。

そのため、時間との勝負がとても必要となります。

また、アフターピルの副作用についてですが、個人差もありますが、女性が受ける副作用の影響として、吐き気などやめまい、頭痛や胃痛、このような辛い症状が出てしまいます。