アフターピルはいつまでに飲む?

アフターピルってご存知ですか?なんと、性行為後でも妊娠を防ぐことができるんです。避妊に失敗してもどうしよう!やばい!とアタフタする必要もありません。ドーンと構えていられます。当サイトではその便利なアフターピルについて詳しくご紹介いたします。

アフターピルと成熟とチップについて

妊娠から身を守るためにも、女性にできることの一つが、ピルを服用する方法です。研究はどんどんと進化していて、世界の研究では、チップ型も研究が進められています。女性専用である、体内への埋め込み型の避妊チップは、世界では囁かれてはいますが、実現されるのかはまだ不透明です。

日本でも認知度が高くなってきた低用量ピルですが、耳にしたことはあるものの、実際にはよく知らない女性もいるでしょう。整理の始まる1日目から飲み始めるお薬で、毎日忘れずに飲むことで効果が現れやすくなります。いつのんでもいいのですが、それは最初に決めておくことです。いつのんでもいいのは1日目だけで、それ以降は毎日のように、同じくらいの時間に内服をすることになります。

低用量ピルは服用をした、その日から避妊ができる医薬品です。服用をするスタートは、5日以内であれば遅らせることも可能です。排卵を抑えるのがピルの成分ですから、こうしたホルモンの働きを利用します。脳下垂体へと、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが働きかけることになります。こうして卵胞を成熟させるためのホルモンの分泌は、抑えられることになります。この仕組みによって、排卵は起こりません。

緊急避妊のためには、アフターピルを使うこともできます。コンドームが破けたり、避妊を怠るなどした場合、性行為後の緊急措置での避妊方法になります。アフターピルの場合は、時間に制限がありますので、早急な対応を必要とします。性交渉の72時間以内に、アフターピルによる多量の混合女性ホルモン製剤を内服します。このことで、で着床を防ぐ行為となりますから、避妊への対処となります。低用量ピルとは異なり、一気に高濃度のホルモンが入り込みますから、一時的な副作用は覚悟の上での内服になります。