アフターピルはいつまでに飲む?

アフターピルってご存知ですか?なんと、性行為後でも妊娠を防ぐことができるんです。避妊に失敗してもどうしよう!やばい!とアタフタする必要もありません。ドーンと構えていられます。当サイトではその便利なアフターピルについて詳しくご紹介いたします。

アフターピルとアロマセラピーと日付について

アフターピルとは、万が一に避妊に失敗してしまった時に飲む、緊急用のピルであり、女性がやむを得ずに、性交渉の後に、妊娠を望まない場合などに服用する、ホルモン避妊薬のことです。

これを飲むことで、妊娠を回避する確率は上がりますが、同時に、個人差もありますが、アフターピルには副作用が酷い場合もあり、その場合には、かなり苦しい思いを、女性が味わうことになってしまいます。

主な副作用としては、吐き気や嘔吐や頭痛、そして胃の痛みや便秘や下痢、酷い倦怠感などです。

そのため、仕事を行く気にもなれず、あまりの辛さに、ずっと寝ていたいほど、気分が悪く吐き気などが酷いケースもあります。

アフターピルを使うことで、上記のように、避妊の確率を下げることは出来ますが、日付がとても大切であり、24時間以内に服用を行えば、おおよそ0.5パーセントの確率での妊娠率となり、アフターピルは妊娠を避けることが出来る優れたものです。

ただ、上記のように、酷い副作用が出るケースがほとんどのため、場合によっては、アロマセラピーなどで、癒してもらい、上記のような酷い吐き気や頭痛、胃痛、このような辛さを、改善してもらうことが必要な場合もあります。

女性にとっては、性交渉はとても大切なものであり、パートナーとの絆を深めるためにも、男女ともに大変に大切なものでありますが、同時に、妊娠してしまった場合には、女性の体に大きな負担がかかり、また同時に仕事などをしている女性にとっては、大きな将来の転機になることもあります。

アロマセラピーは、心と体をリラックスさせてくれる効果があり、よく医学的にも言われていますが、フルーツの香り、特にグレープフルーツなどの香りは、心や体に大きなリラックスをもたらせてくれる、素晴らしいリラックス作用を持つ香りであるとされています。

このため疲れてしまった場合には、アロマセラピーなどで、体を癒すことはとても大切です。